FC2ブログ
2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

17:30~20:30
上甲子園公民館講堂


S1、A3、T1、B4

ウォーミングアップ
緑の森よ
Hosanna(Mozart)
雪(瀧廉太郎)
Sancta Maria, mater Dei(Mozart)


前回に引き続き2月11日(日)に演奏する曲を中心に練習しました。

音とりが不十分なところが見受けられました。
毎週定期的に練習をしていない私たちは、練習の中で音を取り直す時間はありません。
また、私たちは人数が少ないため、一人一人の存在はとても大事です。
次回の練習へ向けて、少しずつの準備をお願いいたします。

次回は、

12月10日(日)
17:30~20:30
上甲子園公民館講堂

(JR「甲子園口」駅下車、改札口を出て南南西へ徒歩3分程度)


です。

なお、年内最後の練習です。

練習への見学、体験参加は随時受け付けています。

お問合せは、

石原祐介
v.e.gaudium@gmail.com
(@を半角に)


までご連絡ください。

スポンサーサイト

17:30~20:30
上甲子園公民館講堂

(JR「甲子園口」駅下車、南改札口より南西へ徒歩3分程度)

地図はこちら

現在、取り上げている曲

心象スケッチ(高田三郎)
月、雪(瀧廉太郎)
Hosanna(モーツァルト)
Sancta Maria, mater Dei(モーツァルト)
Sanctus-Benedictus、Agnus Dei(ヨハンソン)

など

練習への見学、体験参加は随時受け付けています。

お問い合わせは、

石原祐介
v.e.gaudium@gmail.com
(@を半角に)


までご連絡ください。

17:30~20:30
上甲子園公民館講堂


Hosanna(Mozart)
雪(瀧廉太郎)
Sancta Maria, mater Dei(Mozart)


上記3曲を練習しました。

「Hosanna」は、Mozartのニュアンスをより表現するために響きの軽さ、弾みを意識しました。
長く伸ばす音について、立ち止まらないようにしましょう。

「雪」は、美しい日本語の発音、また、伴奏に対する歌のアーティキュレーションについて考えました。
作為的ではだめですが、意図を持って歌うことを深めてほしいと思います。

「Sancta Maria」は、最後まで歌詞の発音を共有しました。
ソプラノ、アルトにあるトリルは、書かれている音より一つ上の音から入ることにしました。
分からない方は、休憩時間、もしくは練習前にお尋ねください。

2月11日(日祝)の本番まであと5回。
1回の練習で、3~4回繰り返すとしても、20回程度しか、反復して練習する機会を持てません。
個人個人の準備が大切ですので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


次回は、

11月26日(日)
17:30~20:30
上甲子園公民館講堂


です。

練習への体験参加、見学は随時受け付けています。

お問合せは、

石原祐介
v.e.gaudium@gmail.com
(@を半角に)


までお願いいたします。

17:30~20:30
上甲子園公民館講堂

JR「甲子園口」駅下車、南改札口より南西へ徒歩3分程度

地図はこちら

来年2月11日(日祝)に関西混声合唱フェスティバルに出演するための曲を主に練習いたします。

※2月11日演奏予定曲
Hosanna(モーツァルト)
雪(瀧廉太郎)
Sancta Maria, Mater Dei(モーツァルト)


※現在、取り組んでいる曲
心象スケッチ(高田三郎)
Sanctus-Benedictus(Johannson)
Agnus Dei(Johannson)
Ave Maria(Aichinger)
Ave Maria(Rheinberger)
緑の森で(メンデルスゾーン)
Abschied von Walde(Mendelssohn)


練習への見学、体験参加は随時受け付けています。

お問合せは、

石原祐介
v.e.gaudium@gmail.com
(@を半角に)


までご連絡ください。

17:30~20:30
上甲子園公民館講堂

S3、A3、T3、B4
見学者1名

Hosanna(Mozart)
雪(瀧廉太郎)
Sancta Maria, mater Dei(Mozart)


2月に出演する予定の関西混声合唱フェスティバルのための練習をしました。
音取り、歌詞入れが主な練習でした。

モーツァルトの曲では、軽やかな音が必要です。
「雪」では、日本語の美しさ、歌詞の内容からくる景色、風情への感動が伝わる演奏を目指したいです。


次回の練習では、もっと音楽的な練習をしたいと考えています。
皆さんの事前の準備が練習の内容の充実度を左右します。
毎週練習する団体ではありませんので、復習するだけでなく、事前の音とりはもちろん、歌詞読みなど予習の方もお願いいたします。

次回は、

11月19日(日)
17:30~20:30
上甲子園公民館講堂


です。

練習への見学、体験参加は随時受け付けています。

お問合せは、
石原祐介
v.e.gaudium@gmail.com
(@を半角に)

までお願いいたします。